あとがき

1+1=10と言ったら、世の 99%の人は、何を馬鹿なことを言っているのだ!と馬鹿にするだろう?・・・
しかし、これが正解だとしたらどうだろうか?

我々一般的人間は、常に10進法でものを考えている。しかし、2進法でいうと、これが正解なのです。

 10+10=20 ⇒ 110100(2進法)ということになる。こうなってくると、今まで学校で学んできたものは、いったいなんなんだろう?
と、思うことはないだろうか?・・・
コンピュータの世界では、2進法・8進法・16進法が、標準です。

人間は、すべてのものに順位をつけたがる。標準偏差値・偏差値などいったい何になるのだろう? と、思うことはないだろうか?
基準が何なのか?を定義していなければ全てものは、崩壊してしまうのである。

これって、優越感?見栄・・・なの、いったい、いつの時代から発生したのだろう?・・・


努力と反復

いかなるものも、学びにおいては、努力と反復以外で、克服することはできない!
同じことを何度繰り返し行ったかで、その結果は自然と現れる。

個人差はあるが、すべての結果は、これで証明できると思います。
答えは、一つではないかもしれません?・・・
完璧を目指し、努力し、続けましょう。きっと、何かが見えてくるはずです。