ご挨拶

このページは、WEB標準を基本とする、nandenが、 製作したものです。 PCは、もちろんのこと、携帯・スマートホン・タブレットなど、 すべてのモバイル端末で、ご覧いただけます。 残念なことに、リンクしているサイトが、携帯などのモバイルに対応していない場合は、 パソコンでないと、非常に閲覧が、困難な場合がございます。 その場合:当サイトでは、対応しかねます(制作のご依頼は、お引き受けします。) ので、サイト運営・管理者に、お尋ねください。

WEB作成・講習会などは、専用サイト、8341WEBで、行っています。 興味が、おありの場合は、 メール あるいは、問い合わせフォームにて、ご連絡ください!

 
閲覧にはGoogle Chromをお勧めします。 また、今回からGoogleの自動機械翻訳を削除したため、拡張機能に、 Spell cheker and Grammer cheker by GingerGINGERの使い方 及び、 Responsive Web Design Testerの、 インストールを、お勧めします。

Windows 環境にSassをインストールする

keyboadで起動する場合 Windows + Rを押すと、 ダイアログが、表示されるので、cmd と入力して Enterを押す。

これで、command からの起動が可能になります。

screen01
上記のように、実行すると、c:\Users\(あなたの)ユーザー名\ フォルダーにいることがわかります。Windows10の場合は、 Windowsを、押し、コマンドプロンプトでも、同じことができます

次に、Rubyが、インストールされているかどうか?を調べます。

command から ruby -v と入力します。
screen02
rubyインストールされていない場合、上記のように表示されます。

Rubyのインストールする

Rubyをインストールするには、Ruby公式サイトにアクセスし、Downloadをおこなう必要があります。

ここでは、仮にrubyinstaller-2.3.1-x64.exe を、Downloadしてインストールしたとします。
screen03
先ほどの画面と、表示内容が変わったことに気づくでしょう。ruby がインストールされている
これで、やっとsassをインストールする準備ができました。

Sassのインストールする

sassをインストールするには、gem command を使います。 gemは、Rubyに、バンドルされている パッケージ管理ツールのことです。

gem install sass

screen4
すると、SSL Ver3の影響で、エラー表示がでて、インストールができません!
gemのsystemをアップすれば大丈夫かな?・・・これもダメです。

WARNING: Unable to pull data from 'https://rubygems.org/':SSL_connect returned=1
errno=0 state=SLLv3 read server cerificate B: cretificate veryfy failde (https://api.rubygems.org/specs.4.8.gz)
1 gem installed

警告: 'https://rubygems.org/' からデータをプルすることができない。
SSL_connect(https://rubygems.org/) から1が、返される。
エラーを0の状態にするには、
SLLv3 読み取りサーバー証明書を確認してください。(https://api.rubygems.org/specs.4.8.gz)
gem は、一つインストールされている。

gem source -a http://rubygems.orgと、 入力して、Enterを押す。

screen5
上図のように、Do you want to add this insecure source?[yn]と聞かれるので、y ⇒ yes と 入力する。

これで、commandを受け付けるようになるので、 gem install sass と入力し、Enterを押す。

screen6
sass 3.4.22が、インストールされたことがわかる。

一応、これでインストールは、できるが、根本は解決されていないので、SLL v3を、正しくインストールしておく必要があると、想われるだろう。 SSLv2.0,SSLv3,朋に脆弱性があるため、最新の証明書(cacrert.pem) Downloadして、Ruby23-x64 ホルダーにインストールして Windowsの環境変数に、cacert.pem を、設定する。

sll証明書の環境設定

以上で、sass の、インストールは完了ですが、sassをさらに便利に使用するため、compass を、インストールして置きましょう。
コマンドは、gem install compassです。

screen08
以上で、上記のように、rubygems v2.6.8 sass v3.4.22 compass1.0.3 が、インストールされたことが確認できる。

既存の、cssを、sassに書き換えるには、css2sass/scss conberterを、利用すると便利です。

Topに戻る