はじめに

現代社会

ITITと騒がれはじめ、 現在ではIoTと、騒がれている現在。
日本の遅れたIT社会に、もの申すとすれば、いったい何だろう・・・
氾濫した、コンピュータシステムにおいて、すべてに共通するシステムとは、いったい何なのか?・・・

UNIXMacWindowsを代表とする、この3代、OSに共通する Systemこそが、真のIT社会を、進めていくに違いない、方法ではないか?・・・

OSI参照システムに、基づく、スマホとパソコンなどにおける、IT機器の共通システム
など、要は、人間社会において、より便利に、コミュニテーションをとるための、ツールではないのか?・・・

企業の存続

企業が、利益を得るためには、独自の技術を応用、または競い合うしか、生き残る方法はない!

しかし、世界人類が、よりよい社会を構築するには、共通のツールを用いて、コミュニケーションを、密にとることで、 お互いの考えを理解しあうことが、一番ではないだろうか?・・・

この考えから、ソフトウェアなど単なるツールの、ひとつでしかない!
すべてにおいて共有できるシステムは、テキスト・PDF(Adobe社)/Wordlap(Xrox社)・WEB以外の方法では、不可能ということになる。

IoT社会

IoT社会において、 最後まで、生き残れるSystemは、これらの応用以外にはない! との結論に達した。

そこで、この本では、3番目のWEBの基礎知識を取得するとともに、それを理解するための言語(html5.1)の取得にも、力を入れてみた。
昨今、翻訳の世界においては、SourceNext社の、(Pocketalkを利用すれば、 Internetを介し、74ヶ国語に、簡単に翻訳可能であるが、根本的な、文法の違い(SOVとSVOの違い)を理解しておかなければ、 いくら学んでも、砂上の楼閣と、なってしまう。

この辺が、理解できていない人間が、いまだに、ITといえば、 Microsoft社の、Word・Excelなどと、馬鹿なことを、言っているのである。

完璧な理解

ソフトウェアは、単なる流行でしかない!ということを、理解し、 時代に左右されない基本技術を、完璧に理解することを、望み、この本を執筆した。
IT社会において、100点満点以下は、0点と同じ理解してもらいたい!

かつて、ITのことを、イット説いた総理大臣もいたし、Internet Technology といった、岡山県立大学の学長もいた。
IT後進国日本、これからの社会は、どうなっていくのだろうか?・・・