VPNとは?

VPNを使う訳

離れた場所の間を仮想的な専用線でつないで安全なデータ通信を実現する仕組みで、仮想プライベート・ネットワークとも言います。
Free Wifiなどを使う場合の、安全な接続方法です。
社内のネットワークはLANでつなぎます。

VPNはその機能を持つ接続ルータを使って距離の離れた拠点同士のLANをつなぐことができます。 VPNの仮想技術が発達する以前は、企業のネットワークは専用線で構築されていました。
しかし、設置するためにはたくさんの時間とお金がかかり、それが専用線の課題とされてきたのです。
その課題を克服するために2000年になってから登場したのがVPNです。
VPNは専用線の課題だったコストと構築までにかかる時間を解消する、画期的な技術として受け入れられました。

一般的にインターネットで指摘される安全性も、さまざまなセキュリティ対策によって一定レベルまで克服しています。 VPNは公衆回線や閉域網を利用することで、信頼性も担保しています。
専用線の場合、回線が切れてしまうとネットワークの利用はできなくなり、復旧までに時間がかかります。
その点、VPNなら迂回経路を辿ってくれるので、通信が途切れる心配が少ない。

このようなサーバーはIPアドレスを完全に隠す、もしくはあたかも別の場所からアクセスしているかのように変えますVPNは当初、企業や大規模の事業向けに開発されましたが、その概念はここ10年の間に大きく変わりました。 VPNを企業内に設置することで、従業員は企業サーバーにリモートアクセスでき、 その後、オンライン上にいるユーザーの身元情報が隠せるよう進化しました。 今やVPNは、ユーザーの身元情報や個人情報を安全に保護する機能があるものとして知られています。 ネット検閲が大幅に強化されるなか、VPNは多数のユーザーに利用されるようになりました。

NTTと契約している場合

一般的に、NTTと、契約している場合、NTTサーバーを使って、VPN接続する場合は、ルーターの設定が必要です。 まずグローバルIPアドレス(commandモードで、ipconfigと入力すれば、簡単にわかります)を、知ることが必要です。

固定IP(専用回線)は、有料です。

上記の方法では、追加料金が発生するので、料金の追加なしに、VPNサーバーを設定する方法を説明します。

まず、VPNサーバーが利用できるよう、NTTのルーターを設定しましょう。

NTTのルーター設定

ルーターのIPを、固定する方法

一般的に、プロバイダーから供給されたルータは、DHCPによるIPの自動取得に設定されています。(192.168.0.1)
このプライベートIPを、常に固定するには、Rooterの、DHCP固定割り当て設定が必要になります。

DHCP固定割り当て設定については、お使いのルーターのマニュアルをご覧ください!

日本で利用可能な、VPNサーバー

上記以外に、別途VPNサーバーを、契約する方法

VPNとは、インターネット上で行うアクティビティ別の経路へと切り替えるために接続するサーバーです。

VPNを、利用すると、WiFiののぞき見、ユーザーの所在地、などは、ブロックできますが、広告のブロック、 WEB閲覧履歴などを、見られることを防ぐことは、できません!
 相手から、トラッキングされているのを防ぐには、その相手を確認することが大切です。  そのためには、多くの、Network技術を学ぶ必要があります。

セキュリティソフトからVPNを使う

上記以外の方法として、セキュリティソフトとバンドルされている(これも有料ですが)、Avast SecureLINE VPNなどを、使う方法もあります。

上記以外の方法として、(有料ですが)、Avast AntiTrack Premiumなどを、使う方法もあります。