nanden

  • facebook
  • twitter
  • skype
  • google+
  • Instgram
  • Youtube

◆ WEBの世界標準W3C

WEBの世界標準は、 このW3Cで勧告されています。 日本標準ではありません! 他の機関WHATWGとも、 協力し合い、新しいWEB標準である、HTML5.2の勧告の準備がされています。 最新の世界標準は、2016-11-01に勧告された、HTML5.1です。

HTMLの役割

HTMLは、文章構造を表したもの。文章構造を、<body>~</body>に記述したもの。

実際には、さらに細かな、要素を使って、文章構造を詳しく記述します。

CSSの役割

CSSは、HTMLの装飾とデザインを記述したものです。文字の色から各種表示Designまで、HTMLの装飾に関するすべてを、記述できます。 デバイスに、応じた表示には、JavaScriptとの併用で対応します。

固定レイアウト

最近では、あまりなくなりましたが、ページ幅を、960pxに固定した制作方法です。 最近のディスプレイは、標準で、1,680px表示なので、いささか、時代遅れの気もしますが、一世風靡した時代もありました。

Responsive

これが、WEB標準!⇒閲覧者の環境に応じ正しく表示させる。機種・OSに依存しない!

デザインに自信がない場合は、テンプレートを利用すると、簡単に、美しいページを作成できます。